クラブでヘナタトゥー🌼*・

クラブでヘナタトゥーをしています☀︎

ヘナタトゥーを早く消すには?

クラブでヘナタトゥーをしています、しょうこです✨

 

ご存知の方もいると思いますが、ヘナタトゥーというのは、ヘナと呼ばれる植物から作った染料を使って 肌を一時的に染めることで完成するタトゥーです。

なので  普通のタトゥーと違って痛くないですし、だいたい2週間ほどで自然に消えていきます。

 

前の記事では、どうすればヘナタトゥーを少しでも長く持たせられるか  ということについて書きました。

今回は、逆に 早く消すにはどうしたらいいか  について書いていこうと思います。

 

思いのほか長くもってしまって消えない。明日仕事なんだけど、、、などとなった場合にはぜひ実践してみてください。

 

今回紹介する方法は4つ↓↓↓

 

  1. めっちゃ濡らす
  2. めっちゃ擦る
  3. ピーリングジェルやクレンジングを使う
  4. 落ちやすい施術場所を選ぶ

 

最後の4つめは、ヘナタトゥーを入れる前に行うアドバイスなので、おまけとして捉えてくださいっ

 

ではでは…

 

1. めっちゃ濡らす

 

ヘナタトゥーは水に弱いです💧

水に溶けて染料が落ちていくので、できるだけ多く 水に触れる機会を作りましょう🚿

 

例えばお風呂に浸かる、濡れたままあまり拭かない (湿らせる) 、などをするとだいぶ薄くなります。

 

髪の毛を染めているとき、とくにマニックパニックなどで染めてた事のある方はわかりやすいと思うのですが、シャンプーをする毎に色が抜けていきますよね?

泡に色がついたり、流したお湯に色がついていたり。

また、汗をよくかいたときも色落ちしやすくなりますね。

 

それと同じで、ヘナタトゥーも 水に濡れたり洗ったりすることで  落ちるのが早くなります!

 

洗うと薄くなりますが、あまり洗いすぎると肌を痛めてしまうので 気をつけてくださいね(;´Д`)

 

2. めっちゃ擦る

 

続いては、めっちゃ擦る!です。

擦ることで、染まっている角質層を取ってしまうという方法です(〃・ิ∀・ิ)ゞ

 

ヘナで染まっているのは角質層のみ。

角質層は、肌のターンオーバーと共に下から新しいものが出来て 古くなったものは垢として落ちていきます。

 

その角質層は 落ちるまで待たなくても 擦ることでも落とすことが出来るので、垢として染まった部分を取っちゃいましょう!

もちろん、擦りすぎると赤くなったり、肌が傷ついてしまったりするので、やりすぎには注意です( ˊᵕˋ ;)💦

 

擦ったあとは保湿クリームなどを塗ってあげてくださいね!

 

3. ピーリングジェルやクレンジングを使う

 

洗う時に、石鹸の代わりにピーリングジェルや クレンジングオイルを使ってみましょう。

 

代謝を早めることで、ヘナタトゥーを落ちやすくします。

 

また、ヘナタトゥーで使うヘナペーストには 油が混じっている場合があるので、そのときにはクレンジングオイルが油を溶かしてくれて 早く落ちることが期待できます!

 

4. 落ちやすい施術部位を選ぶ

 

ヘナタトゥーをやってしまってからでは遅いのですが、もしまだこれからやる!というのでしたら、参考にしてください

 

体にはヘナで染まりやすいところと、染まりにくいところがあるのです。

染まりやすいところは色も濃く入り、長持ちしやすいです。

逆に 染まりにくいところは、染まりやすいところに比べると色も薄く入り、その分日持ちも短くなります。


染まりにくい部位は、顔、上腕、太腿、すね、首、胸元、と言われています。
基本的に角質が薄いところが、角質が入れ替わりにくく、ヘナタトゥーが染まりにくいところです。

早く消したい場合は、上記の部分を選んでくださいね☆

 

 

いかがでしたか?

やりたいところに施術をして、できるだけ長く楽しみたい!という思いもあると思いますが、ヘナタトゥーが見えては困る!といった状況になることはあると思います。

その場だけ隠せればいい!という時は 長袖をきたりスカーフを巻いたり、湿布を貼ったり、という方法で隠すことも出来ますが、そう出ない場合には こちらの早く消す方法を試してみてくださいね☆*。

 

私は、こちらのヘナタトゥーを京都のクラブを中心に行っています!

インスタ映えや注目の的間違いなし!!

 

土曜日は Chambers、日曜日は KITSUNE KYOTO にいます♡

ぜひヘナタトゥーブース 探してくださいね\(^o^)/

ヘナタトゥーデザインとその意味 at KITSUNE KYOTO

クラブでヘナタトゥーをしています、しょうこです✨

 

毎月第2日曜日と、第4日曜日は KITSUNE KYOTOで ヘナタトゥーブースを出しています♡

 

KITSUNE KYOTOは3階と4階に別れていますが、ヘナタトゥーブースは 3階 LAND フロアになります。

5月は12日と26日です❣

 

今回は、5月12日 (日) に描いてきたデザインを紹介したいと思います!

 

紹介するのは、蝶々、バラ、マリファナ です!

 

1. 蝶 🦋


f:id:shokosaaan:20190515001442j:image

 

ワンポイントにとても人気の蝶々のモチーフ🦋✨

腕や耳の後ろ、腰など、様々な場所に映える蝶々です。

蝶だけではなく、周りにトライバル柄を入れたり、蓮の花と合わせて描いたりする場合もあります。

 

蝶々には  生命、繁殖性、女らしさ、美学、精神的成長、変化、復活、自由  といった意味があります☆*。

 

2. バラ🌹


f:id:shokosaaan:20190515001458j:image

 

鎖骨に沿って伸びる茎が素敵なデザイン✨💫

 

本物のタトゥーのデザインとしてとてもポピュラーなバラは、男女ともに人気です!

よく入れる部位としては、腕や首が多いです。

女性に特有の場所としては、鎖骨の下や  耳の後ろといったところが多いです!

 

バラの象徴する意味は  愛、美、繁栄  があります。

 

3. マリファナ🍁

f:id:shokosaaan:20190515002212j:image

去年カナダで、娯楽用大麻が合法化されましたね。

日本に住んでいると、みかけることはないと思いますが、

アメリカでも 州によって合法のところもあり、海外では医療に使われたり 日本とはまた違った観点で大麻が位置づけられています。

とはいっても  日本ではもちろん非合法で、所持や売買は立派な犯罪です。

 

しかし、このトゲトゲしたデザインに惹かれて入れる方も多いです!

とくにヘナタトゥーは 本物のタトゥーとは違い消えるので、その時の楽しみにでき  ノリで入れるのも良いでしょう。

 

海外では、ラブアンドピースとして、マリフアナの葉っぱが掲げられたり、また レゲエではよく使われるモチーフです。

 

 

いかがでしたか?

今回は、蝶々、バラ、マリファナ、のモチーフを紹介しました。

 

ぜひデザイン選びの参考にしてくださいね✨

 

ちなみに私が行っているヘナタトゥーは ワンポイント¥500です!

タトゥーシールも3種類 (月☽ 、メキシカンスカル💀、ノーティカルスター✯) 売っています!

 

また、KITSUNE KYOTOでは、オープンから最初の1時間 (22:00~23:00) 女性限定でヘナタトゥー無料体験を実施中です!

この時間帯は入場料もお得ですので、ぜひ23:00までに遊びに来てくださいね💕

 

KITSUNE KYOTOのホームページはコチラから↓↓↓

 

 

kitsune-kyoto.com

 

 

ではまた👋

ヘナタトゥーをセルフでするときの注意点

クラブでヘナタトゥーをしています!しょうこです✨

 

みなさん、ヘナタトゥーには興味があるけれど、スタジオが遠い…。

ヘナタトゥーをやりたいけれど、値段が高い…。

など、思ったことはありませんか?

 

そして それなら、自分でやってみよう!と。

 

実際、ヘナタトゥーは他のフェイクタトゥー (消えるタトゥー、ボディペイントなど) に比べると、とても始めやすいものなのではないかと思います。

 

ヘナタトゥーに似たものにジャグアタトゥーがありますが、ジャグアタトゥーはヘナタトゥーに比べてインク代がとても高いです。

また、ヘナはパウダーから買わなくても インターネットで調べれば、Amazonや楽天、メルカリなどで既にペースト状になったヘナが入ったペンがリーズナブルな価格で売っています!

 

f:id:shokosaaan:20190510165439j:plain



 こちらが私が実際に使っているヘナタトゥーペンです!

これを使えば  自分ではなんの準備もなく、それ1本ですぐにヘナタトゥーを始めることが出来ますよ!

メルカリだと、だいたい1本 500円~600円ほどで売っています。

また これを1本買えば、自分の作ったペーストを詰め替えて使うこともできますよね。

普通にラップして先端を切ったものよりも、こちら先がプラスチックになっているので とても使いやすいです。

 

ではでは、こんなリーズナブルに始めやすいヘナタトゥーですが、もちろん誰でもすぐにできるというわけではありません。

 

では何がそんなに難しいのか、セルフでやるときの注意点やコツなどをお教えします(✌🏻'ω' ✌🏻)

 

注意するべき点はこの3つ↓↓↓

 

  1. 握り心地
  2. 握り加減
  3. 角度

   

1. 握り心地

 

まず、ヘナタトゥーをする際に使うのは、先ほど紹介したようなヘナペーストとなります。

そのヘナペーストをチューブに入れて先端を切り、そこからペーストを出して模様を描いていく、という方法が最も一般的です。

Amazonなどで売っている既製品の中には、既に先端に穴の空いているものもあります!

 先ほど紹介した、私が使っているペンもその1つです✨

 

写真をみてお分かりになるとおり、ヘナタトゥーを描くときに握っているペンは、ペンといえどもペーストの入った棒状のものとなります。

 

通常の鉛筆やペンであれば、固くて形がしっかりしていますよね。

でも、中がペーストなので、ヘナタトゥーペンは触るとぐにゅぐにゅして 形が固定されません。

最初はそれに慣れるのにひとまず時間がかかるでしょう。

 

イメージでいえば、固めのホイップクリームをケーキにデコレーションしている感じでしょうか?

デコレーションケーキを作る時も、ホイップクリームをビニールに入れて、先端を切って絞りだします。

そんな感じです。

 

最初は手が安定せず、なかなか難しいですが、描いていくにつれて慣れていきます!

 

2. 握り加減

 

ぐにゅぐにゅペンの次に戸惑うのが握り加減、、

強く握れば線が太くなりますし、あまり握らなければ線が細くなります。

ヘナタトゥーのデザインは基本的に線画なので、常に一定の細さで描かなければ  キレイな仕上がりにはなりません。

 

手を進めるスピードと、ペーストを出す握り加減のバランスが大切です!

 

また、ペンの先端と肌をぴったり付けてしまうと 線が崩れてしまいます。

台にぴったりつけてクリームを絞ってみてください。

クリームが横にはみ出し、真ん中があいてしまいますよね?

それと同じ。

ヘナタトゥーを書く時も、肌とペン先を少し浮かせて描きます。

手が震えないように気をつけましょう(^p^)

難しいときはペンを少し寝かせて 斜めにするとよいですが、ペン先の側面にヘナペーストが着いていると いらないのとろにまでヘナがついて線が崩れてしまうので注意です!

 

3. 角度

 

セルフでやる時に、1番手こずるのは角度かな と思います。

ヘナタトゥーには基本的に下書きがありません。

フリーハンドで一発描き が基本です。

あ、でも少し間違えても すぐなら指やティッシュで消せます!

スピード命。

 

人にやるのと違って、自分で行う場合は場所がどうしても限られます。

二の腕の側面や背中にはできません。

また、手にやるとしても  どうしても自分に向かってまっすぐに手を伸ばすことは出来ないはずです。

なので、まっすぐ描いてるつもりが歪んでしまった…、左右のバランスが違う…、といった事態になりかねないのです。

 

常に出来上がりを想像しつつ、どの角度で線を伸ばすといいかを考えて絵を描くようにしていくことが  キレイに仕上がるコツです!

 

 

 いかがでしたか?

今回は、セルフでヘナタトゥーをする際の注意点とコツについて書いてきました。

自分でヘナタトゥーに挑戦する際には、ぜひ参考にしてくださいね!

 

また、私はこのヘナタトゥーを京都のクラブで行っています!

ワンポイント 500円でやっていますので、クラブに遊びに行く時には ぜひヘナタトゥーブースを探してみてくださいっ♡

 

ではまた👋

 

タトゥーとヘナタトゥーの違い

クラブでヘナタトゥーをしています、しょうこです✨

 

タトゥーはよく知ってるけど、ヘナタトゥーについてはあんまりよく知らない という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

"消えるタトゥー" として最近注目を集めているヘナタトゥーですが、まだまだ知らない方もたくさんいるのもまた事実。

 

ブースを出していると、痛いですか?消えますか?などと聞かれます。

痛くて消えないものをクラブでやってたら正直ヤバいと思います( ^_^ ;)

 

今回は、タトゥーとヘナタトゥーがどのように異なるのかについて書いていきたいと思います!

 

1. タトゥー

 

まずはタトゥーについて。

今では特に若い世代に ファッションとして少しずつ人気になってきているタトゥー。

夏場など露出が多い時期になると、服からチラ見えしてるのを目撃したことがあるかもしれませんね。

 

タトゥーというのは針を使ってインクを肌の中に埋め込んで絵を作るものです。

名前が違うだけで、原理としては刺青と同じです。

刺青がもともと日本にあったため、タトゥーはイメージが付きやすく 広まりやすい言葉だったのではないかと思います。

また外国ではとてもポピュラーなので、見る機会も多いですよね。

"刺青" にはヤクザなどのイメージがあるためか、"刺青" よりも "タトゥー" という言葉の方がよく使われています。

 

タトゥーとヘナタトゥーの1番大きな違いは、"消えるか消えないか" という点です。

 

では なぜタトゥーは消えなくて、ヘナタトゥーは消えるのでしょうか?

 

まず人間の肌というのは、ターンオーバーというのを繰り返しており、常に新しい肌が作られているのです。そして古くなった肌は垢として剥がれ落ちていきます。

 

タトゥーは、そのターンオーバーによって生まれ変わる肌の部分よりもより深い 真皮と呼ばれる部分にまで色素を入れているのです。

真皮の部分はターンオーバーによって剥がれ落ちていくことはないので、入れたインクが出ていくことはありません。

真皮はコラーゲン繊維や神経、血管などで出来ています。

 

どのようにそんな深い部分までインクを入れるのかというと、を使って肌を突き刺してインクをいれていくのです。

これがタトゥーが痛い理由です。

 

針の先にインクを付けて、タトゥーマシンの力を使ってその針を素早く振動させることで肌にインクを入れていきます。

何度も何度も針を刺すことになるので、もちろん痛いです(-.-;)

 

最初はインクが肌の表面にも入っていますが、肌の修復によって肌の表面が剥がれ落ちることで  表面のインクは抜けていきます。

 

タトゥーを入れたことのある方には想像つくと思うのですが、入れたては色が鮮やかですが 治るにつれて色が少し落ち着いて薄くなります。

それは表面のインクが落ちて 肌の膜がはった状態になるからです。

 

このように体の奥にインクを入れているため、タトゥーを消すときには大変です。

 

基本一生残るタトゥー。消したくても簡単には消えません。

消すときには病院に行くことになりますが、一般的にレーザーが使われることが多いです。

レーザーによってインクの粒を砕いていくのです。

 

タトゥーの除去は1回では終わらないので、時間がかかり タトゥーを入れるときの何倍ものお金がかかります。

また どんなに頑張ってもタトゥーを入れる前の状態に戻すのはなかなか難しく、火傷の痕やケロイドになることもあります。

 

比較的綺麗に消えやすいのは黒のタトゥーで、カラフルなものよりも1色でできているタトゥーの方が消えやすいです。

まぁ、消すときのことを考えてタトゥーを入れる人なんていないと思いますけどね笑

 

タトゥーを入れるときは、もう元の状態には戻れないということを覚悟して入れる必要があります。

 

2. ヘナタトゥー

 

長々とタトゥーについて説明しましたが、ヘナタトゥーはどうでしょうか?

 

タトゥーとヘナタトゥーの違う点は大きくわけて2つあります。

 

I. 施術方法

 

タトゥーは針を使ってインクを入れていきましたが、ヘナタトゥーでは針を使いません

ヘナという植物から作ったペーストをチューブに入れて、先から絞り出して肌の上にペーストをのせることで絵を描いていきます。

針で刺さないので、ヘナタトゥーは全く痛くないですよ☆


f:id:shokosaaan:20190508231305j:image

 

ペーストをのせたらしばらく乾くまで待ちます。

ヘナには染色作用があり、インクを肌の中に入れるのではなく  肌を染めることで模様を肌に残します。

 

2. 深さ

 

タトゥーは真皮までインクを入れるので "消えないタトゥー" でした。

 

それに対してヘナタトゥーは、ターンオーバーによって剥がれ落ちていく表面部分のみを染めているので "消えるタトゥー" となるのです。

 

時間が経てば 染まった部分は剥がれ落ち、染まっていない新しい皮膚に生まれ変わることで消えていきます。

 

 

いかがでしたか?

タトゥーとヘナタトゥーについて少しお分かり頂けたでしょうか?

 

タトゥーにまだまだ偏見の残る日本で ファッションとしてタトゥーが完全に受け入れられるのは難しく、入れる場所もよく考えなければいけませんが、

ヘナタトゥーであれば消えるので、ファッションとして気軽に始められ 場所も気にせず入れられます!

 

私はこのヘナタトゥーを京都のクラブを中心に行っています!

クラブに遊びに行くときには ヘナタトゥーブース  チェックしてくださいね♡

ぜひオシャレして夜を楽しみましょう✨✨

 

ではまた👋

ヘナタトゥーをより長く持たせるには?

クラブでヘナタトゥーをしています、しょうこです✨

 

皆さんは、ヘナタトゥーというものをご存知でしょうか?

 

ヘナタトゥーとは 肌を一時的に染めることでできるタトゥーのことで、痛くない 消えるタトゥーです(^^)

ヘナと呼ばれる植物から作ったペーストを使って模様を描き、乾くまでしばらく待ったあとペーストを剥がして完成します✨

 

ヘナは白髪染めにも使われているので、美容院で見かけた事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ヘナタトゥーはインドなどの東南アジアや中近東などでよく見られます。


f:id:shokosaaan:20190506220710j:image

 

写真のようなレーシーなデザインが特徴で、結婚式のときには花嫁さんが腕などに描くのだそうです✒

 

最近は沖縄やハワイなどのリゾート地でも人気のようですよ☀

水着を着るので 肌の露出がおおくなりますし、気分が変わって楽しいですね(*ˊ˘ˋ*)♡

 

ヘナタトゥーは、平均2週間程でだんだん消えていきます。

2週間というのは 肌の代謝の周期に関係しています。

肌のターンオーバーによって染まった角質が落ちていくことでヘナタトゥーが薄くなっていくのです。

 

このヘナタトゥーはどこに描いてもいずれ消える、ということが魅力ではあるのですが、

せっかくかいてもらったんだからできるだけ消えずに長く持たせたい!と思ったことはありませんか??

もしくは、2週間もつと思っていたのに もっと早く落ちてしまったのはどうして?と思ったこともあるかもしれません。

もちろん ヘナの質が悪かったり、科学的な染料が混ざっていたりすると持ちも悪いです。

それはこちらからはコントロールできないので、ヘナタトゥーのスタジオはいい所を選びましょう☆

 

しかし、いくらいいヘナタトゥースタジオを選んだとしても ヘナタトゥーの日持ちは その人の体質や施術の場所、温度なども関係してくるので、絶対に誰でも2週間もつというわけでもないのです。

 

基本的に持ちが良いところは、足や手、腕 などで、胸元や腰、首、耳裏 などは染まりにくく落ちやすくなります。しかし手は肌の再生が早く、消えるのも早くなります。

 

では少しでもながくヘナタトゥーを持たせるには どうすれば良いのでしょうか??

 

今回は長く持たせるためのヒントを3つ紹介したいと思います♡♡

 

1. ヘナペーストをできるだけ長く肌にのせておく

 

施術が終わった直後はヘナペーストがぷっくりしていると思います。

それをできるだけ長く剥がさずに肌にのせたままにしておいてください!

ヘナペーストの中に含まれる色素がより長く肌についていることで、より色素が浸透していきます(^-^)

 

2. 濡らさないようにする

 

ヘナタトゥーは水に弱いです。特に施術したてのときに水に濡れてしまうと、色素がとても流れやすくなります。

できるだけ濡らさないように、汗もかかないようにするのがコツです。

もし濡れてしまった場合は、すぐにふき取りましょうっ!

特にお風呂に入る時がとても落ちやすいので注意が必要です⚠

湯船に浸かっていると とても薄くなってしまうので、描いた部分をつけないように浮かせて入ってくださいね笑

あとは、ワセリンやオイルなどを塗ると水を弾くので落ちにくくなりますよ*°

 

3. 擦らないようにする

 

肌を染めることでできているヘナタトゥーですので、こすると表面の角質が落ちてしまって 色が薄くなってしまいます。

自分でこする以外にも、服との摩擦や お風呂からあがったときに体を拭く時にタオルでこすってしまう といったことにも気をつけてくださいね!

 

 

いかがでしたか?

今回はヘナタトゥーを長く持たせるためのヒントを紹介しました!

ヘナタトゥーを入れた際には ぜひ実践してみてくださいね꙳★*゚

 

 

私はこのヘナタトゥーを、京都のクラブで行っています!

土曜日はチャンバーズ、日曜日はキツネにいます。

他にもサーフディスコやバーなど、木屋町を中心に活動しています!

京都のクラブに遊びに行くときは、ぜひヘナタトゥーブース チェックしてください♡♡

ヘナタトゥーデザインとその意味 at BNB

クラブでヘナタトゥーをしています!しょうこです✨

 

4月29日 (月)  昭和の日は、Brooklyn Night Bazaar (BNB) というところでヘナタトゥーブースを出してきました!

BNBは昨年新しくできたバーで、ピンク色の光が印象的で とても綺麗なところです✨


f:id:shokosaaan:20190501214402j:image

写真にあるソファー席の横にはカウンターがあります。

スタッフもいい方ばかりなので、1人でも友達と一緒にでも楽しめる場所です(^-^)

 

4月29日 当日はスタッフのバースデーバッシュでした!みんなお祝いモードで大盛り上がりのイベントでしたよ♡

ヘナタトゥーもご好評いただきとても嬉しいです\(^o^)/

 

今回はその日描いたデザインの中でも、ライオン🦁、レタリングが2つ、あと数字、のデザインを紹介したいと思います✨

 

1. ライオン

f:id:shokosaaan:20190502141123j:image

 

結構リアルめなライオン🦁

トライバル柄のカッコいいライオンが二の腕に出来上がりました✰

 

ヘナタトゥーは影やグラデーションがかけられないので、写実的な絵は描けませんが、線画であればどのようなデザインもお任せください!

 

百獣の王であるライオンは「勇敢」「威厳」「正義」「気品」「権力」「知恵」の象徴としての意味を持っています。

 

2. レタリング

2.1 kent


f:id:shokosaaan:20190502143351j:image

 

Texturというフォントでかいた "kent" の文字。

この日はケントくんの誕生日パーティーだったので、腕にバースデーボーイの名前を入れました\(^o^)/

他にも漢字やカタカナでかいたのですが、写真とるの忘れちゃいました(;∀;)

ヘナでかいた名前をみんなでインスタのストーリータグ付けするっていうのがめっちゃ流行ってました笑

 

本物のタトゥーではあれば、1度入れると基本的には消えませんが、こういう遊びやノリで入れられるのもヘナタトゥーの魅力ですよね✨

 

2.2 Yuma

f:id:shokosaaan:20190502144945j:image

 

こちらはDiana bold というフォントにアレンジを加えたものです。

上にアンパンマンをつけてキュートになりました!

何気にこのアンパンマンくせもので、ちゃんと見て描かないと 簡単だからって雰囲気でかくと全然違うやん!ってことになるので注意⚠ 笑

 

3. 数字


f:id:shokosaaan:20190502144811j:image

4月29日だったので、"429" と腕に描きました。

アウトラインが入ることでポイント感が出ますし、シンプルなデザインながら プレートのようになってかわいくなりました。

男性の場合だと、もうちょっと太い線でかいた方が似合うかもしれませんね。

 

いかがだったでしょうか?

今回は、ライオンと、レタリング、数字のデザインを紹介しました。

ぜひデザイン選びの参考にしてくださいね😆

 

今回ヘナタトゥーブースをださせてもらった こちらのBNBというバーは、木屋町通りにあり、御池通りと三条通りの間に位置しています。

1階は沖縄のお店で、ビルの6階にあります。

アットホームな雰囲気でとても楽しいところですので、ぜひ遊びに行ってみてくださいね🎶