クラブでヘナタトゥー🌼*・

京都のナイトクラブでヘナタトゥーをしています☀︎

タトゥーとヘナタトゥーの違い

スポンサーリンク

クラブでヘナタトゥーをしています、しょうこです✨

 

タトゥーはよく知ってるけど、ヘナタトゥーについてはあんまりよく知らない という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

"消えるタトゥー" として最近注目を集めているヘナタトゥーですが、まだまだ知らない方もたくさんいるのもまた事実。

 

ブースを出していると、痛いですか?消えますか?などと聞かれます。

痛くて消えないものをクラブでやってたら正直ヤバいと思います( ^_^ ;)

 

今回は、タトゥーとヘナタトゥーがどのように異なるのかについて書いていきたいと思います!

 目次

 

 1. タトゥー

まずはタトゥーについて。

今では特に若い世代に ファッションとして少しずつ人気になってきているタトゥー。

夏場など露出が多い時期になると、服からチラ見えしてるのを目撃したことがあるかもしれませんね。

 

タトゥーというのは針を使ってインクを肌の中に埋め込んで絵を作るものです。

名前が違うだけで、原理としては刺青と同じです。

刺青がもともと日本にあったため、タトゥーはイメージが付きやすく 広まりやすい言葉だったのではないかと思います。

また外国ではとてもポピュラーなので、見る機会も多いですよね。

"刺青" にはヤクザなどのイメージがあるためか、"刺青" よりも "タトゥー" という言葉の方がよく使われています。

 

タトゥーとヘナタトゥーの1番大きな違いは、"消えるか消えないか" という点です。

 

では なぜタトゥーは消えなくて、ヘナタトゥーは消えるのでしょうか?

 

まず人間の肌というのは、ターンオーバーというのを繰り返しており、常に新しい肌が作られているのです。そして古くなった肌は垢として剥がれ落ちていきます。

 

タトゥーは、そのターンオーバーによって生まれ変わる肌の部分よりもより深い 真皮と呼ばれる部分にまで色素を入れているのです。

真皮の部分はターンオーバーによって剥がれ落ちていくことはないので、入れたインクが出ていくことはありません。

真皮はコラーゲン繊維や神経、血管などで出来ています。

 

どのようにそんな深い部分までインクを入れるのかというと、を使って肌を突き刺してインクをいれていくのです。

これがタトゥーが痛い理由です。

 

針の先にインクを付けて、タトゥーマシンの力を使ってその針を素早く振動させることで肌にインクを入れていきます。

何度も何度も針を刺すことになるので、もちろん痛いです(-.-;)

 

最初はインクが肌の表面にも入っていますが、肌の修復によって肌の表面が剥がれ落ちることで  表面のインクは抜けていきます。

 

タトゥーを入れたことのある方には想像つくと思うのですが、入れたては色が鮮やかですが 治るにつれて色が少し落ち着いて薄くなります。

それは表面のインクが落ちて 肌の膜がはった状態になるからです。

 

このように体の奥にインクを入れているため、タトゥーを消すときには大変です。

 

基本一生残るタトゥー。消したくても簡単には消えません。

消すときには病院に行くことになりますが、一般的にレーザーが使われることが多いです。

レーザーによってインクの粒を砕いていくのです。

 

タトゥーの除去は1回では終わらないので、時間がかかり タトゥーを入れるときの何倍ものお金がかかります。

また どんなに頑張ってもタトゥーを入れる前の状態に戻すのはなかなか難しく、火傷の痕やケロイドになることもあります。

 

比較的綺麗に消えやすいのは黒のタトゥーで、カラフルなものよりも1色でできているタトゥーの方が消えやすいです。

まぁ、消すときのことを考えてタトゥーを入れる人なんていないと思いますけどね笑

 

タトゥーを入れるときは、もう元の状態には戻れないということを覚悟して入れる必要があります。

 

2. ヘナタトゥー

 

長々とタトゥーについて説明しましたが、ヘナタトゥーはどうでしょうか?

 

タトゥーとヘナタトゥーの違う点は大きくわけて2つあります。

 

1. 施術方法

 

タトゥーは針を使ってインクを入れていきましたが、ヘナタトゥーでは針を使いません

ヘナという植物から作ったペーストをチューブに入れて、先から絞り出して肌の上にペーストをのせることで絵を描いていきます。

針で刺さないので、ヘナタトゥーは全く痛くないですよ☆


f:id:shokosaaan:20190508231305j:image

 

ペーストをのせたらしばらく乾くまで待ちます。

ヘナには染色作用があり、インクを肌の中に入れるのではなく  肌を染めることで模様を肌に残します。

 

2. 深さ

 

タトゥーは真皮までインクを入れるので "消えないタトゥー" でした。

 

それに対してヘナタトゥーは、ターンオーバーによって剥がれ落ちていく表面部分のみを染めているので "消えるタトゥー" となるのです。

 

時間が経てば 染まった部分は剥がれ落ち、染まっていない新しい皮膚に生まれ変わることで消えていきます。

 

 

いかがでしたか?

タトゥーとヘナタトゥーについて少しお分かり頂けたでしょうか?

 

タトゥーにまだまだ偏見の残る日本で ファッションとしてタトゥーが完全に受け入れられるのは難しく、入れる場所もよく考えなければいけませんが、

ヘナタトゥーであれば消えるので、ファッションとして気軽に始められ 場所も気にせず入れられます!

 

私はこのヘナタトゥーを京都のクラブを中心に行っています!

クラブに遊びに行くときには ヘナタトゥーブース  チェックしてくださいね♡

ぜひオシャレして夜を楽しみましょう✨✨

 

ではまた👋