クラブでヘナタトゥー🌼*・

クラブでヘナタトゥーをしています☀︎

ジャグアタトゥーとヘナタトゥーの共通点と違い

スポンサーリンク

クラブでヘナタトゥーをしています、しょうこです✨

 

みなさんは、ジャグアタトゥーやヘナタトゥーというのをご存知でしょうか?

 

なにそれ?

聞いたことあるかも。

知ってる知ってる。

 

いろいろあるかと思いますが、今回は そのジャグアタトゥーとヘナタトゥーについて説明していこうと思います✌︎🤓✌︎

 

1では、2つの共通点について。

2では、2つの違いについて 書いていきます。

 

1. ヘナタトゥーとジャグアタトゥーの共通点

 

1.1 痛くない 消えるタトゥー

 

ヘナタトゥーやジャグアタトゥーは、別目 期間限定タトゥー

2つとも名前に「タトゥー」という言葉が入っているので、

え、タトゥー?痛い?消える?とか思うかも知れませんが、本物のタトゥーとは違って 痛くない 消えるタトゥーなのです!

いわば ボディペイントのようなものですね。

 

ヘナタトゥーもジャグアタトゥーも、体質や施術部位、環境にもよりますが、だいたい2週間ほどで消えると言われています。

 

どうして この2つは痛くなくて消えるのか、については、次の1.2で説明しますね!

 

1.2. 原理

 

ヘナタトゥーとジャグアタトゥーは、どうして痛くないし消えるの?

 

それは、肌を一時的に染めてできるタトゥーだからです☀︎

 

肌はターンオーバーを繰り返して生まれ変わっている というのを聞いたことがあるかもしれません。

古くなった肌は垢として落ち、下からまた新しい肌ができてきます。

ヘナタトゥーとジャグアタトゥーは、このターンオーバーで生まれ変わっている表皮と呼ばれる部分を染めることで完成するタトゥーなのです!!

 

先ほどの2週間で消える言われているというのは、だいたい2週間くらいで染まった部分が垢として落ちてくる時期だからです。

 

消えるのにタトゥーという言葉が使われたのは、どちらも肌に描いている絵だからではないでしょうか。

タトゥーとは異なる原理で完成するので、痛くないし、必ず消えます

 

調べたらたまに消えないとか書いている記事を見つけますが、あれはウソか 行ったスタジオが悪いのでしょう。

肌にものをつけますので、ちゃんとした信頼できるところで行ってもらうのはもちろんですし、アレルギーのことなども考慮する必要があります。

アレルギーについては、ヘナタトゥーもジャグアタトゥーも植物由来のものを使うので 出にくいと言われていますが、絶対出ないとは言いきれません。

パッチテストをすれば、自分にアレルギー反応が出るかわかるので、できればテストをして 大丈夫であればやってもらう  というのが安全ですね。

 

2. ヘナタトゥーとジャグアタトゥーの違い

 

ヘナタトゥーとジャグアタトゥーも消えるタトゥーというのはわかりましたが、ではいったい2つは何が違うのでしょうか?

 

2.1 色

まず最大の違いとして、ヘナタトゥーとジャグアタトゥーは色が全く違います!

 

ヘナタトゥーはヘナと呼ばれる植物からできたペーストを使います。

出来上がりは茶色をしています!

 

それに対して、ジャグアタトゥーはジャグアインクを使って描いていきます。

出来上がりは藍色です!

ですので見た目はジャグアタトゥーの方が 本物のタトゥーに近い見た目になります🌼

 

最近はヘナタトゥーでも、黒やピンクなどのものも売っていますが、ヘナ本来の色ではなく 人工的に付けられた色ですので、色もちが悪くなります。

 

2.2 インクの性質

やってもらう場合には関係ない話なのですが、実はヘナペーストとジャグアインクは 性質が全然違うので、描いていくときの感じが全然違います!

個人的にはジャグアインクの方が難しいです…笑

 

ヘナペーストは ほんとにペースト状で、ごまペーストをしぼってる感じ笑

ドロドロというか、重い液体というか。

 

でもジャグアインクは、ちょっと粘性があります。

なので、絞り出しても力を抜くと中に引っ込んじゃったりするんです!

同じ量を肌の上にのせて線を描いていくのが最初はちょっと難しいですね(^_^;)

 

2.3 グラデーションのあるなし

絵の見た目の違いとして、ヘナタトゥーは、基本的にグラデーションがつけられません。


f:id:shokosaaan:20190527212647j:image

 

細かい線の密度を変えることで濃淡をつけることはできるかもしれませんが、色の濃さは同じです。

 

しかし、ジャグアタトゥーではグラデーションを付けることができるんです👏

薄い部分にはあまりインクをのせない、または影用の少し色の薄めのインクを使うことで濃淡をつけることができますよ!


f:id:shokosaaan:20190527212838j:image

 

 

 

さて、今回はヘナタトゥーとジャグアタトゥーの共通点と違いについてかいてきました。

少しお分かり頂けたでしょうか?

 

ちなみに私は、ヘナタトゥーを京都のクラブで行っています。

ジャグアタトゥーは施術に時間がかかるので、行っておりません。

遊びに行くときにはぜひヘナタトゥーブース チェックしてみてくださいね✨