クラブでヘナタトゥー🌼*・

京都のナイトクラブでヘナタトゥーをしています☀︎

ジャグアタトゥーとタトゥーの違い

スポンサーリンク

こんにちは!

クラブでヘナタトゥーをしています しょうこです☀︎

 

クラブではヘナタトゥーをしている私ですが、じつはジャグアタトゥーもクラブ以外のところで施術しております!

 

ヘナタトゥーに比べて施術に時間がかかるのと、発色に時間がかかるため あまりクラブ向きではないのです…。

 

今回はそのジャグアタトゥーとはどのようなものなのか、発色や施術などについてに加えて、普通のタトゥーと何が違うのか 比較しながら説明していきます✨

 

まず①ではタトゥーについて、②ではジャグアタトゥーについて、書いています!

 

1. タトゥーとは?

タトゥーとは、日本では入れ墨 (イレズミ)と呼ばれていたものと同じ原理で出来ているもので、体の中にインクを入れてできた絵を指します。

タトゥースタジオでは たくさんのインクが並んでいるのを見ることができますよ。

 

どのように体の中にインクを入れるのかというと、を使って入れます。

これが、タトゥーが痛い原因です!

 

針先にインクをつけて、その針を刺すことで体の中にインクを入れていきます。

刺してできた穴にインクが入っている感じです。

なので、タトゥーとは点描のようになっているんですよ(*´-`)

 

このとき針は 真皮という所まで刺さります。

真皮は新陳代謝で生まれ変わっていく部分ではないため、ここに入ったインクは体の外に排出されることなく留まります。

なので、タトゥーは消えないのです。

 

絵柄が描けたら施術は終了です。

痛いのを我慢てやっと終わった!と思っても、大変なことはまだまだあります( ˊᵕˋ ;)💦

 

施術は終了しますが、タトゥーが完成するのはそれから約2週間後です。

その間に適切なアフターケアをする事で、綺麗なタトゥーが完成できるのです。

 

タトゥーを入れてから2,3日はお風呂やプール、海などに浸かるのはNGと言われます。

それは肌が傷ついているため、細菌が入って膿んだりすると大変だからです。また、傷が治ってないと せっかく入れたインクが流れ出てしまうこともあります。

何日かするとかさぶたができ、それがはがれて肌のテカリがなくなったらタトゥーの完成です✨

 

2. ジャグアタトゥー

①ではタトゥーについて述べましたが、ではジャグアタトゥーとはどのようものなのでしょうか?

 

ジャグアタトゥーは、タトゥーという名前がついていますが、タトゥーとは全く原理が違うものなのです!

同じなのは、肌に絵があるということだけ。

ジャグアタトゥーはタトゥーと違って施術に痛みは全くなく、2週間ほどで消えていきます

 

ではなぜ、ジャグアタトゥーは痛くなくて消えるのでしょうか?

 

それはジャグアタトゥーでは針を刺さないからです。そしてジャグアタトゥーで使うジャグアインクは、角質層までにしか作用しないため 消えるのです。

 

ジャグアタトゥーでは 針をさしてインクを入れるのではなく、ジャグアインクを絞り出して肌の上にのせていきます。

そしてそのまま何時間か放置して、ジャグアインクの力で肌を染めていくのです。

 

放置したら、インクを洗い流します。このとき、大丈夫??ってくらいうすーいですが 大丈夫!!

1日~1日半すれば、インクで染まった部分が徐々に藍色に発色してきます🌸

 

このとき染まって発色しているのは角質層のみ。

角質というのは、いわゆる垢ですね!

新陳代謝で肌の角質層は 常に生まれ変わっています。

なので、時間とともにジャグアインクで染まった部分が落ちていき、最終的にはもとの肌の状態に戻ります。

 

まとめ

タトゥーは針を刺して 真皮層にインクを入れるものなので、施術中は痛いし 消えない。

それに対してジャグアタトゥーは、インクを肌にのせることで肌の角質層をそめるため、施術は痛くないし 消える。

 

また、タトゥーは施術直後から立派な絵ですが、ジャグアタトゥーは施術直後はインクがついています。数時間後洗い流して 1日ほど後に発色するため、綺麗な絵をみるまでには少し時間がかかります。

 

 

いかがだったでしょうか?

タトゥーとジャグアタトゥーの違いについて、わかっていただけましたでしょうか?

 

このブログでは、ヘナタトゥーやジャグアタトゥー、そのデザインについて書いていますので、ぜひほかの記事もチェックしてみてくださいね💕