クラブでヘナタトゥー🌼*・

京都のナイトクラブでヘナタトゥーをしています☀︎

ヘナタトゥーはなぜ消えるの?本当に消える?

スポンサーリンク

ヘナタトゥーについてgoogleなどで調べていると、「ヘナタトゥー 消えない」などと出てきて 、え?消えないの?😲となった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

また、ヘナタトゥーを次の日などにまたなぞり書きしたり、消えてしまう前に上からまた描いたりすると 長く持たせることが出来るのですが、何回も何回もなぞり書きしまくったら いつか消えないようになるんじゃないの?🥴

と思ったこともあるかもしれません。

 

結論からいうと、ヘナタトゥーは必ず消えます。

そして どれだけなぞり書きしても、消えるまでの期間が長くなるだけで いづれは消えます。


f:id:shokosaaan:20190721005444j:image

 

ではなぜヘナタトゥーは消えるのでしょうか?

 

それは、ヘナタトゥーが作用しているのは 角質層と言う部分までだからです!

 

角質層というのは、いわゆる垢となる部分。

肌は常にターンオーバーを繰り返しており、古くなった角質は垢となって落ちていきます。

 

ヘナタトゥーは、この作用を利用している期間限定タトゥーなのです(^-^)

 

スポンサーリンク

 

 

ヘナタトゥーは、ヘナという植物から作ったヘナペーストを 肌の上にのせることで肌を染めていきます。

ヘナタトゥーの詳しいやり方については、こちらにまとめています↓↓↓

 

www.shokosaaan.com

 

ヘナペーストで肌を染めることで完成するヘナタトゥーですが、染まるのは角質層までで、その奥の真皮層は染まりません。

( ちなみに本物のタトゥーは、その真皮層にインクを入れるので 消えません。 )

 

そして染まった角質層の部分は、ターンオーバーと共にだんだん落ちていきます。

角質層にしか色が付いていないので、それと共に徐々に薄くなっていきます。

体質や環境によって多少変わりますが、通常2週間ほど持ちますよ(^o^)

 

なぞり書きをすると落ちにくくなるのは、色が濃くなり 角質層のより深い新しい部分まで染めることができるからです。

 

ヘナタトゥーが消えていくのは、油性ペンで書いたのが消えていくような感じです。

 

なので、「ヘナタトゥーは消えない」というのはです。

消えないのはタトゥーです。

 

ヘナタトゥーは、植物由来のものを使っているので アレルギーは出にくいのですが、まれに出る方もいるので、心配な方はパッチテストをすることをオススメします。

施術を受ける前に スタジオに問い合わせてみてください!

 

 

今回は、ヘナタトゥーがなぜ消えるのか その仕組みについて紹介しました。

ヘナタトゥーについて少しお分かりいただけたでしょうか?

 

私は毎週日曜日、KITSUNE KYOTOというクラブでヘナタトゥーをしています。

オープンからラストまでいるので、ぜひお越しください❣

 

KITSUNE KYOTOのヘナタトゥーブースについては、こちらをご覧くださいね!

www.shokosaaan.com